1995年05月27日

5月27日 ミコノスタウン攻略大作戦

◆ミコノスタウンへ行こう!

 7時半起床。8時朝食。楽しみにしていたが、コンチネンタル・ブレックファーストだった。コーヒーとパンしか出ないなんて…。アテネでは朝から食べまくってたので、あまりの落差に愕然…。ま、でもパンもコーヒーも、おいしいから許してつかわす。

 食べ終わったら9時。今日はミコノスタウンに繰り出すぞ。タウンまでの次のバスは10時40分。時間があるので、その間に連れと二人でギリシャ語の勉強をする。まずギリシャ文字とアルファベットの対比を覚え、ギリシャ語の数字の言い方を覚えた。ギリシャ語の発音は表記通りなので、ギリシャ文字さえ覚えれば、とにかく地名や看板くらいは読めるようになる。アテネの二の舞はごめんなので、がんばらなくっちゃ☆

 10時10分バス乗り場になっているビーチの広場へ行く。今日の晩御飯はバス停の前のタベルナ「ポートオルノス」に決めた。待っている間、猫と遊んでいたら程なくバスがやってきた。10時40分オルノスビーチを出発。海沿いの道を走る。なんてきれいな景色なんだろう…。青い空、輝く太陽、澄みきった海。ここまで三拍子そろっているなんてすごすぎる。


◆観光そっちのけ

 景色見ながら、わいわいやっていたら、すぐミコノスタウンについた。さてさて観光をする前に、まずアテネで出し損ねた手紙を出し、軍資金調達のために両替をしなきゃ。

 ものげっつーきつい風に飛ばされそうになりながら、やっと郵便局にたどり着いた。と思ったら、なんと郵便局が閉まっているではないか。なにー許せん。(>_<)手紙はともかく両替しにいかなきゃ。いくつか両替所を見て、一番レートのいい所で当座の軍資金を調達した。

 用事も済んで一安心。ぷらぷらと散策していたら、お土産物屋さんで切手を売っていた。おじさんに「日本に手紙を出したいんだけど。」と聞いてみた。「120ドラクマ切手を貼ってあの黄色いポストに入れればいい」って教えてもらった。あーこれでよしと。今日の仕事は終わり終わり。

 それにしてもこのきっつい風、なんとかしてぇーー!飛ばされないように、むぅーーと踏ん張って歩いていたら、体力消耗。すっかりばててしまう。よぉーし、それじゃあ燃料補給だ!!ちょうど12時、お昼にギロピータを食べる。

 「ギロ」というのは、お肉を何層にもたてに重ねて、グルグル回転させながら焼いてあるもの。味がじっくり浸みていてとってもおいしい。「ピータ」というのは直径15センチくらいのピザみたいな薄いパンである。「ギロピータ」はまずこのギロをそぎおとして、玉ねぎなどの野菜と「ツァチキ」というきゅうりのヨーグルトサラダと一緒にピータにのっけて、くるくるっと巻いてあるものである。これがまたおいしいので、旅行中もっぱらお昼は、ギロピータと相成った。


◆コーヒーブレイク

 12時40分用事も済んで、一通りタウンも見物したし、もう帰ろうっか。バス停に行ったら、なんとバスは行ったばっかり。次は1時40分だ。げっ、やられた…。しょうがないのでバス停のそばのカフェでコーヒーを飲む。

 ギリシャではコーヒーというと二種類ある。一つはグリークコーヒー。グリークコーヒーは豆をフィルターで濾して飲まない。めちゃくちゃ細かく挽いた豆を直接鍋に入れて、たっぷりの砂糖を加え、ぐらぐらと煮立て、そのままカップに注ぐ。すると当然粉も一緒に入る。つまり上澄みを飲むのだ。だからとっても濃くって、とってもあまーい。ちなみにトルココーヒーも同じ入れ方。

 もうひとつのコーヒーとはネスカフェ。日本でも有名なあのインスタントコーヒーのネスカフェだ。頼むと、お湯の入ったポットと、飲み慣れたあのネスカフェが小さい袋に入って出てくる。あー自分で入れるのね。なんでやねん!そして、さらに不思議なことに、インスタントなのに、ネスカフェのほうが値段が高い。どういうことやねん!!(?_?)

 ここで連れは、果敢にもグリークコーヒーを頼んだ。私は無難にネスカフェ。さてはて、いったいグリークコーヒーとはどのような代物であろうか。連れに少し飲ませてもらう。げー何じゃこのコーヒーは!苦いし甘いしドロドロしてるし、ちょっと慣れるのに時間かかりそう。

 1時20分、重い腰を上げてバス停まで戻る。バスはもう来ていたので、さっさと乗り込んだ。1時40分出発。ホテルに戻るが、別にすることもないのでゴロゴロする。連れはベランダでひなたぼっこ。わたしは、こんなこともあろうかと持ってきていたハーモニカの練習を始める。そのうち連れも加わって、一緒にへたくそハーモニカを吹きまくった。時間はまだ5時45分。なんか今日は時間が経つのが遅いなぁ。疲れちゃった。ちょっとお昼寝して、7時に起きる。


◆食べる食べる今日は食べる

 8時、「ポートオルノス」に入る。また中に入って、あれこれ料理を見せてもらう。ここのウエイターさんは英語が上手だ。隣のテーブルに感じのよいフランス人(と勝手に決めつけていた)のご夫婦がいた。だんなさんはマドラス風の格好でパイプをくゆらしていて、奥さんはフワッとスカーフを巻いたおしゃれな人だ。

 今日のディナーは、たこグリル、スタッフドピーマン&トマト、ポテトサラダ、ビール。そして、今日はじめて「ウゾ」を頼んだ。「ウゾ」とは、ギリシャ特有のお酒。なんとアルコール度46%。無色透明なのに、水割にすると、水分に反応して白く濁るのだ。うまれて初めてこんな面白いお酒を見たので、とってもおもしろかった。アニス(八角)の香り付けがされているので、ちょっとクセがあるけど、わたしは気に入った。
 
 さぁて、ウゾをちびちびやっていたら、たこグリルがやってきた。そしたら、なんと付け合せに、ご飯とポテトがめっちゃどっさりのっているではないか!げげげ。勘弁してよぉー!ポテトサラダも頼んだのに…。貧乏性で食いしん坊のわたし達は、食べて食べて食べまくって、もうお腹パンパン。よろよろとホテルに帰ったら、もう9時になっていた。

 食べ過ぎのあまり、部屋に帰るなり、二人ともドオォーとベッドに倒れ込み、そのまま眠りの世界へ…。しばらくして、わたしはハッと目覚めた。ベランダの洗濯物を取り込む。よく乾いてくれるから気持ちいいわー。ついでにお星様も見る。降るような星とは、まさにこのこと。本当にきれい。さそり座がはっきり見えた。夜になってもまだすごい風だ。ガタガタビュービュー音がするので少し怖かった。


posted by ぺこ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ミコノス島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。